Breaking

2017/07/16

ヒアリの次はダニが流行らなきゃいいけど



New York Man Dies From 'Exceedingly Rare' Tick Virus Transmitted Within Minutes

ニューヨーク州北部の高齢者が数分で感染した珍しいダニウイルスのために脳が腫れて死亡したという。 WNYTによると、チャールズ・スミス(74歳、漁師とハンター)は、4月下旬にポワッサンウイルスを持っているダニに噛まれた。 4月28日、彼は自宅のティックに気づいて、家に送った医者に会いに行き、家族はWNYTに語った。彼らは10日後、高熱と寒さで目を覚ましたと言いました。彼はすぐに入院し、すぐに首から麻痺した。彼らは6月6日に1か月も経たないうちに、彼は脳の腫れによって死亡したと語った。 ニューヨーク州保健局はWNYTに、ウイルスに感染した人が死亡したが、被害者を特定しなかったと語った。 ライム病を患っているのと同じ鹿のダニは、Powassanを運ぶことができると、州保健局の疫学者で研究科学者のBryon Backensonは述べています。しかし、彼はウイルスを "非常にまれな" CDCによると、毎年全国で約30,000件のライム病がみられるが、毎年平均7 件のポワッセン症例しかないという。 ある患者は36時間以上身体にダニがついた後にライム病になることができるが、ダニの10〜15分後にはPowassanが収縮している可能性があるという。 Powassanウイルスは西ナイルウイルスと非常によく似ており、高熱や寒さのような症状から始まります.Tufts大学の感染症担当教授であるSam Telfordは述べています。高齢者のような免疫システムが損なわれている人は、最も感受性が高いとテルフォード氏は述べている。



虫なんか嫌いだ~駆逐してくれ。


んじゃ、またな~


 


  1. ホーム
  2. ニュースキュレーション
  3. ヒアリの次はダニが流行らなきゃいいけど