Breaking

2017/05/03

かたさんがおすすめするWindows10とiPhoneで目が痛くならないブルーライト対策



かたさんはVAIOしか使ったことがないのでMacのことはわかんない。ごめんちゃい。

かたさんは隠れソニー信者なのだ。ソニー製品にソニータイマーあるのかな?


そんなことどーでもいいんだよ。👊さっさと説明しろよ。


下記の設定をすればパソコンやiphoneの画面がまぶしく感じたり、目が痛くて目薬ばかりさしている人には目の疲れが劇的によくなる効果があると思う。

かたさんはJINSPCメガネしなくても平気になったぞ。

最新のUpdateを適用したWindows10だと簡単にブルーライト対策ができる。

まだ、Updateしてない人はWindows 10 Creators Updateでアップデートしてね。


Windows10の設定方法

1.左下のスタートボタンを押す



2.設定ボタンを押す



3.システムを押す



4.ディスプレイの夜間モード設定を押す



5.少し黄色くなるぐらいまで色温度を調節し、「今すぐ有効にする」を押す



6.夜間モードのスケジュールをオンにして時間指定をする。
時間指定はオン5:00、オフ4:45に設定すると起きている時は黄色い画面のままだ。
自分が起きている時間を設定すればよい。



これで設定完了。

一度設定すれば、次に起動したときも自動的に画面が黄色くなる。

少し時間がたった時に元の画面に戻してみると、目が痛くてしかたない。





iPhoneの設定方法

1.設定を開く



2.画面表示を明るさをタップ



3.Night Shiftをタップする



4.時間指定を設定し、色温度を少し黄色くなるところまで調節する。
時間指定は開始3:00、終了2:59に設定するとほぼ24時間黄色い画面のままだ。

これで設定完了。

どぅ?目が疲れなくなったでしょ?



んじゃ、またな~





 



  1. ホーム
  2. アプリ
  3. かたさんがおすすめするWindows10とiPhoneの目が痛くならないブルーライト対策