Breaking

2017/04/09

自分に合う投資の運用スタイルを導き出してみた



おはこんばんにちは、かたさんです。

過去にFX、株、ストックオプション(自社株)、確定拠出年金をしてきました。

どの投資も10年ぐらいやって、お金がなくなったので確定拠出年金以外、全部現金に変えています。

今後自分が投資をするとしたら、どの運用スタイルでやるかを導き出すために過去を振り返ってみました。

過去の運用はざっくり分けると短期と長期の運用です。


短期の投資スタイルの場合

FXデイトレード

一か月のトータルで儲かることを意識してトレードしていましたが、結果は儲からなかった。

数百万円の資金をもとにレバレッジ(25倍)を効かせて、デイトレードをしていました。

手法としては、感覚や感情で買わずにあらかじめ決めておいたチャートパターンに合致した場合のみ取引。

一週間に3回ぐらいの取引で1回買ってから売るまでの時間は3時間ぐらいです。


株デイトレード

短期取引の株は売買タイミングをどう決めてよいか判断できなかったので、株のデイトレードはやらなかった。

ファンダメンタル投資も考えましたが、後追いになり、たいして儲からないと判断しました。


長期の投資スタイル

ストックオプション(自社株) と自分が好きな会社の株を毎月購入

自分が勤める会社の株を毎月給料天引きで購入していました。

某宇宙航空機器会社とお菓子メーカーの株も毎月購入。

リーマンショック後の株が下がった状態でも買い続け、アベノミクス相場で2倍以上の株価になり売却して利益が出ました。

ストックオプションは退職時に、個人で契約した証券会社に移して、引き続き株を運用することもできます。


確定拠出年金(iDeco)

会社に勤めていたころは毎月5000円ずつ給料天引きで購入していました。

退職してからは個人型の確定拠出年金に資金を移動させて運用中です。

現状は掛け金の1.2倍ぐらいに増えています。

60歳以降じゃないと受け取れないので、現在も継続中です。


自分に合う投資スタイルは?

結果で判断すると、長期の積立投資スタイルが自分に合っている。

短期投資やデイトレードは売買タイミングを少しでも間違うと損する。

感覚と感情で取引することを完全に排除できなかったのが、短期で儲けをだせなかった原因の1つ。


今後新たに投資をおこなうとしたら、株、ビットコイン、イーサリアムの長期の積立投資です。

デイトレードのように数分~数時間で売買し、一喜一憂しなくてすむので精神的にも楽だから。

自動積立も良いですが、自分は毎月決めた日に手動で購入しようと思います。

最低7年ぐらいは続けたい。

総額いくらになったら現金化するかも設定しておく。

例えばビットコインの総額が1億円になったら売るとか。

今後、仮想通貨など新しいものは特に注目されて取引も簡単にできるので、急騰急落が何回も起こったりする。

一瞬だけ1BTC1億円がめずらしいことではない時代になるかも。


そういえば、祖父も投資は積立投資しかしていなかった。

近親者に投資スタイルや失敗談を聞いて学ぶのも良い方法かと。


結局自分にあった投資スタイルを見つけるには、少ない金額からはじめて数年単位で結果を見て導きだすしか方法はないと思います。

自分の投資スタイルを確立してから、投資金額をアップさせるのが一番安全な方法。

他人の投資スタイルが自分に合うかどうかは実際にやってみないとわからない。


んじゃ、またね~。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
 


  1. ホーム
  2. 仮想通貨
  3. 自分に合う投資の運用スタイルを導き出してみた